多度大社

更新日:4月26日

こんにちは^ ^


今日は風がとても強かったですが、よく晴れていて気持ちのいい一日となりました。


三重県と岐阜県の県境にある、多度大社へ参拝に行ってきました。




毎年テレビのニュースでも取り上げられていますが、上げ馬神事が有名な神社です。

南北朝時代から行われている神事で、馬を奉納する行事が祭へと発展したそうで、馬が上がった数や順番によって、その年の豊作を占ったりするそうです。

毎年5月に行われるお祭りですが、今年はコロナの影響でお祭りが中止とのことです。


個人的にはこのお祭りのニュースを見るたびに、馬が可哀想…と思ってしまいます。

実際に馬が駆け上がる斜面を見てきましたが、ものすごく急な斜面でビックリしました。

いろいろ思うところがありますが、あえてこれ以上は触れないでおきます。




入り口の鳥居をくぐり、長い石段を上がった先には、真っ白いお馬さんがお出迎えしてくれます。

綺麗な瞳の本当に可愛いお馬さんでした。

全国的にみても神馬がいる神社はとても珍しいそうです。




森の中に佇む神社には滝も流れていて、それはそれは澄んだ空気が満ち溢れていました。

ここにいるだけ、体の中の不要なものが、風とともに吹き飛ばされていくような感じがしました。



次回は参拝の後に多度山ハイキングコースを歩こうと思います!





多度大社の情報です

https://www.kankomie.or.jp/sp/report/detail_557.html





お読みいただきありがとうございました。